思想・理念

「暮らしを実感できる文化的生活」 と「豊かな等身大の沼田」を目指します。

「文化的生活」とは

芸術文化やスポーツに親しみ、地域経済や農業が元気で、市民 の皆様が自分の暮らしを楽しみ、幸福にみちた生活ができることで、ブータン王国の ように幸福度ナンバーワンになれるような沼田市を目指します。

「豊かな等身大の沼田」とは

望みは無限でありますが、厳しさを増すであろう地方 財政や税収、また、沼田市の眠っている特色や資源の発掘など、沼田市の現状を確り と把握し、行政は行政の役割を、市民は市民の役割をにない、力をあわせて市民が主 役の身の丈にあった、心豊かな沼田市を目指すことです。

沼田を変える5つの施策

安心・安全 人にやさしい福祉のまちづくり

地域コミュニティーの基本は、楽しく安心して暮らせる地域です。地域防災の充実ときめ細かい福祉施策・障害者施策を実施し、高齢者から幼児まで安全に、そして心豊かにくらせる沼田を目指します。

地域産業の振興による雇用の創出

地方自治体でも出来る、規制緩和と産業振興施策を大胆に実施し、地元企業の発展振興に努め雇用を拡大し、国内はもとより、海外へも進出できる優良産業の販路拡大を目指します。

農産物のブランド化と6次産業化への取組

中山間地域の特色を活かした適地適作農業を更に充実させ、有休農地の弾力的利用を促し観光農園から一歩進めた、農産物のブランド化と観光と商業と農業を連結させた6次産業化への取組を実施します。

女性の参画の拡大と 子育て・教育の充実

幼児・保育所関連施策を拡充し、女性が働くための環境を整備し、地域活動や市関連委員等へ女性の参画を拡大していきます。小中学生の減少に伴う各学校のデメリットを精査し、学校教育の見直しを行うと共に、社会教育の充実に努めます。

財政の健全化と未来志向の地方自治の実践

地方自治は民主主義の学校、市民の意見が反映されやすい反面、財政力の限界があり国の厳しい財政状況を見れば沼田市経営は今後も厳しい状況が続きますが、良好な環境や自然、人材などある物をすべてを活用して、心豊かな市政運営を実施します。

市民構想会議を設置します

農業の事は農家の人達に! 商業の事は商店の人達に! 福祉や教育は関係団体やPTA、お母さん達に! 多くの市民が主役となる「市民構想会議」を設置します。

その意見をもとに、市政運営を大胆に決断し、確実に実行します。